こんにちは。「Sketch」ブログ担当のライター、カジヤマシオリです。

吹上ホールで行われた「第48回建築総合展」につづいて、わたしが訪れたのは「いちのみや暮らしフェア」。イオンモール木曽川の1階で、10月13・14日に行われていたイベントです。

 

このイベントに、我らが「Sketch」も2日間、ブースを開いていました。

おかげさまで、両日とも大盛況。たくさんの子どもたちが遊びに来てくれて、にぎわっていました♪

 

たくさんの子どもたちが来てくれたので、待ち時間ができてしまうほど。待たせてしまいすみませんでしたm(__)m楽しんでもらうために、スタッフみんなでサポートをがんばりました♪

「楽しそう!」「やってみたい!」と声が上がったイベントの様子を、紹介します!

 

◎いちのみや暮らしフェアとは?

今回わたしが行ってきた「いちのみや暮らしフェア」とは、一宮市エリアのケーブルテレビ「アイ・シー・シー(ICC)」主催のイベント。一宮市の暮らしにまつわるさまざまなブースが並んでいました。

お菓子がもらえたり、おいしいコーヒーが飲めたりして、子どもも大人も楽しめるイベントでした!

 

株式会社大中環境が、「いちのみや暮らしフェア」にSketchのブースを出すのは、これが2回目です。

夏休み期間中に開催した前回のブースでは、ペットボトルを再利用してブタさんやカニさんの貯金箱づくりに子どもたちと挑戦しました。

このイベントも好評でしたが、今回はさらなる盛り上がりを見せていましたよ。

 

◎「ネームプレート」づくりに挑戦!

Sketchのブースでたくさんの子どもたちが挑戦したのは…

せかいにひとつの「ネームプレート」づくりです!

写真は見本ですが、味のある仕上がりがなんともおしゃれです。

 

ネームプレートに使うのはこちら。ひとつひとつ微妙にカタチや色合いが違う、木の板です。

おしゃれなこの板、実は建築の解体作業のときにできた廃材です。

あえて廃材を使ったのは、子どもたちが環境問題・ごみ問題について考えるきっかけになればいいなと思ったから。

なるほど、廃材を活用することも、立派なリサイクルですもんね!

 

自分の好きなプレートを選んで、思い思いにデコレーションしていきます。このプレート選びもカギを握りそう!

 

自分好みのデザインに仕上げるために、欠かせないアイテムたち。

ペンや絵の具、クレヨンや色えんぴつなどがずらり。どれを使おうか迷っちゃいます。

好きな絵柄のプレートを板のうえにのせて、ステンシルみたいに、絵の具やペンでぬりぬりして。

アイテムは数に限りがありましたが、子どもたちがゆずりあって使っているのが印象的でした。使いたいものをちゃんと使えるように、スタッフも連携プレー♪

 

来春入社予定の内定者、當間美貴(とうま・みゆき)さんも元気よく子どもたちとネームプレートづくり。楽しそうです!

 

子どもたちが作ったのは、個性的で目を引くプレートばかり。

ここではとても紹介しきれないので、後編で作品を紹介するとともに、様子をもう少しくわしくお伝えします!