こんにちは。「Sketch」ブログ担当のライター、カジヤマシオリです。

今回も、ひきつづき「いちのみや暮らしフェア」で開催した「Sketch」のイベントを紹介します。

10月13・14日に木曽川イオンモールで開催し、合計で200人もの子どもたちが参加してくれた今回のイベント。

 

たくさんの子どもたちで大賑わい!お席は常に満席状態という、盛況っぷりです!

この和気あいあいとした雰囲気とともに、前編で紹介しきれなかった子どもたちの作品や参加した親子の声も紹介します。

 

◎色とりどりの作品ばかり♪じまんのネームプレートたち

 

まずはこちらの作品から。色もデザインも、じっくりと悩んで作ってくれました。パステルカラーがかわいらしい作品です。

自分の作ったプレート、気に入ってくれたみたいで何よりです!

自分で作ったプレートといっしょに、ハイ・チーズ!

木目の味のある風合いを活かした、自然あふれるデザインがかわいい一枚に仕上がりました。
小鳥のさえずりが聞こえてきそうな作品です。

 

◎プレートづくりをしてみて、どうだった?

実際に参加してくれた子どもたちに、プレートづくりに挑戦してみてどうだったか?乾燥を聞いてみました。

 

まず、圧倒的に「楽しかった!」と言ってくれた子が多かったです。自分から「やってみたい!」とブースにやって来る子どもの多さにびっくりしました。

最初はめんどくさがって「やりたくない。。。」と言っていた子も、ほかのきょうだいが楽しそうに挑戦しているのを見ると「やってみたい!」って目を輝かせていたりして。

きょうだいで協力すれば、楽しさも2倍です。

親子での参加が多かったのも嬉しかったポイントでした。

自分ひとりでは難しいところは、親御さんに手伝ってもらいながら。親御さんからは「最近は、親子で協力して何かをつくるって機会はなかなかないでしょう、ありがたいですね」という声もちらほら聞けました。

 

こちらこそ、親子での休日を、こうやって楽しんでいただけて何よりです!

 

「Sketch」のブースに遊びに来てくれた方には、かわいい金太郎あめと、オリジナルノートをプレゼントしました。ハロウィン仕様のあめちゃんもあって、喜んでもらえたみたいです。

受け取ってくれたみんな、ありがとう!

 

今回のイベントに使ったのは、建物を解体した後に出てくる廃材の板です。

こういう廃材って、ふだん手にする機会が少ないからこそ。
リサイクルや環境のことをもっと身近に考える、貴重な機会になっていればうれしいですね。

 

あまりの盛況ぶりに、時間帯によっては少し待ってもらうこともありました。にもかかわらず、ご理解をいただきありがとうございました!

 

あらかじめ用意していた材料が、終了予定の時間よりも前になくなってしまうくらいの賑わいに驚きました。

今回参加できなかった方も、また次回以降、ぜひSketchのブースにお越しください!

 

スタッフ一同、アットホームな雰囲気でお出迎えします♪